ホーム > 研究開発・環境保全 > 環境への取り組み > 茨城エコ事業所の取り組み
研究開発・環境保全

茨城エコ事業所の取り組み

東海発電所・東海第二発電所は、2008年1月29日に、環境に配慮し行動する事業者の茨城県による登録制度である「茨城エコ事業所」に登録されました。
事務所の空調設定温度の調整や昼休みの消灯、ゴミの分別、コピー用紙使用量の削減、発電所内外の清掃活動など、発電所の環境マネジメントシステムで実施してきた活動を継続し、更に充実させることにより、地域社会の一員として環境問題に取り組んでいくことを目指します。

空調温度は冷房28℃、暖房19℃に設定

空調温度は冷房28℃、暖房19℃に設定

茨城エコ事業所登録証
 
「茨城エコ事業所登録制度」は、茨城県が定める「環境に配慮した取組項目」に取り組んでいる、県内に所在し事業活動を行っている事業所が、県の審査を経て「エコ事業所」として登録できる制度です。