ホーム > 研究開発・環境保全 > 環境への取り組み > 東海発電所・東海第二発電所の環境方針
研究開発・環境保全

東海発電所・東海第二発電所の環境方針

1.環境共生理念

原子力発電の発展に貢献し、人と地球にやさしい企業活動を展開し、地域とともに歩み、社会の人々から共感をもって信頼される企業となることを目指します。

「地球環境・地域共生に関する基本方針」より

 

2.環境方針

安全確保を最優先に、発電の際にCOを排出しない原子力発電所を運転することが地球温暖化対策へ貢献すること及び廃止措置工事における環境影響の低減を図ることにより、環境保全に寄与することを認識し、企業活動によって環境に与える影響を配慮し行動します。

(1)
発電所の運営に伴い発生する環境への影響を的確に捉え、環境目的・目標を設定し、定期的及び必要に応じ見直すとともに、環境マネジメントシステムの継続的改善を行います。

(2)
環境に関する法規、地域との協定及び自主的に設定した基準を順守し、定期的に確認・評価するとともに、有害物質の漏出による環境汚染の予防に努めます。

(3)


発電所からの放射性気体・液体廃棄物の放出量を十分低い水準に維持するとともに、放射性固体廃棄物の発生量の低減と処理を推進します。

(4)


省エネルギー・資源の有効利用を図り、廃棄物の発生抑制(リデュース)・再使用(リユース)・再生利用(リサイクル)を推進するとともに、環境負荷の少ない製品を積極的に購入します。

(5)
環境方針の周知徹底・環境教育を行い、発電所で働くすべての人の環境に関する意識向上を図るとともに、環境に係る情報を広く社会に公開します。

(6)
緑化・発電所設備の色調など、自然と調和のとれた景観を目指します。

(7)
社会の一員として地域の環境施策や地域環境活動に積極的に参加します。

このうち2018年度は、(2)有害物質の漏出による環境汚染の予防、(3)放射性気体・液体廃棄物の放出量低水準維持、放射性固体廃棄物の発生量低減と処理の推進、(4)積極的な節電による省エネルギー・資源の有効利用について、特に重点的に取組みます。

(東海)2006年4月25日 制定
2018年3月29日 12次改正
(東二)1997年8月 7日 制定
2018年3月29日 21次改正
 
東海発電所・東海第二発電所長