ホーム > サポート・お問い合わせ > 教えて!原子力 > 原子力発電の必要性
教えて!原子力

原子力発電の必要性

地球にやさしい原子力発電


各種電源別のCO2排出量


原子力発電所では、ウランを核分裂させて発生する熱エネルギーを利用して発電を行っているため、発電の過程では地球温暖化の大きな要因となっている二酸化炭素(CO2)排出量は、石炭火力、石油火力、LNG火力に比べ大幅に少なく、太陽光、風力の自然エネルギーと同程度です。
加えて、原子力発電所は発電の過程で、大気汚染や酸性雨の原因となる硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)も排出しません。


各種電源別のCO2排出量

出典:「原子力・エネルギー図面集」2016

 電事連デジタル広報資料集
 各種電源別のライフサイクルCO2排出量
 
 
 

地球温暖化対策と燃料供給安定性に優れている原子力発電


エネルギー資源の調達の安定性を世界の資源埋蔵量地域の偏りや日本の燃料調達先の集中度、輸入先の政治的・経済的安定性などを考慮して定量的に評価すると、原子力(ウラン)は石炭と並んで安定的に燃料の供給ができる発電方法です。
また、発電時にCO2を排出しないため原子力発電は電気事業における地球温暖化防止に重要な役割を果たしています。

地球温暖化対策と燃料供給安定性に優れている原子力発電

 
出典:「原子力・エネルギー図面集」2016

 電事連デジタル広報資料集
 地球温暖化対策と燃料供給安定性に優れている原子力発電