ホーム > 廃止措置 > 東海発電所の廃止措置 > クリアランス > 対象物と排出量
廃止措置
東海発電所の廃止措置

東海発電所のクリアランス

対象物と排出量

クリアランス制度対象物

発生する廃棄物は国が定める放射性物質のレベル区分に応じて処理処分されます。その中で、リサイクルできる物は、可能な限りリサイクルします。

クリアランス制度対象物

(注) 原子炉建屋・燃料取扱建屋・熱交換器建屋・使用済燃料冷却池建屋内の汚染区域の内壁・床は、クリアランス対象物となり得る

 

撤去物の排出量

撤去物の総量  約20万トン (金属:10%、コンクリート:89%、その他:1%)

撤去物の排出量