ホーム > 廃止措置 > 東海発電所の廃止措置 > 低レベル放射性廃棄物
廃止措置
東海発電所の廃止措置

低レベル放射性廃棄物

低レベル放射性廃棄物のうち放射能の極めて低いL3廃棄物の埋設事業許可申請

2015年7月16日、東海発電所の廃止措置等で発生する低レベル放射性廃棄物のうち放射能レベルの極めて低いものの埋設(以下、「L3埋設」という。)施設の設置に関し、安全協定に基づく新増設等計画書※1を茨城県及び東海村に提出するとともに、第二種廃棄物埋設事業許可申請書※2を原子力規制委員会に提出しました。
                                         プレス本文はコチラから

※1
原子力施設周辺の安全確保及び環境保全に関する協定書第5条に基づき、茨城県及び東海村から事前了解を得るために提出するもの。
※2
「核原料物質,核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」第51条の2第1項に基づき、L3埋設の事業許可を原子力規制委員会から得るために提出するもの。
 

核燃料施設等の新規制基準適合性に係る審査

開 催 日 会 合 名 資 料
2017年12月25日 第228回審査会合
2017年12月4日 第227回審査会合
2017年8月22日 第213回審査会合
2017年6月12日 第202回審査会合
2017年3月17日 第190回審査会合
2017年2月6日 第183回審査会合
2016年10月12日 第153回審査会合
2016年6月6日 第119回審査会合

 

 
    東海発電所の廃止措置で発生する放射能レベルの極めて低いL3廃棄物の埋設について 東海発電所の廃止措置で発生する放射能レベルの極めて低いL3廃棄物の埋設について
    発行日 : 2015年09月(2016年12月改訂)

    詳細はコチラから