ホーム > 廃止措置 > 海外の廃止措置状況
廃止措置
廃止措置

海外の廃止措置状況

海外でも廃止措置を実施しています。
アメリカで13基、ドイツで3基の発電所で既に廃止措置を終了しています。


廃止措置が終了しているプラント

【アメリカ】

■エリクリバー 1974年終了
■シッピングポート 1989年終了
■ショーハム 1995年終了
■フォート・セント・ブレイン 1997年終了
■トロージャン 2005年終了
■メインヤンキー 2005年終了
■サクストン 2005年終了
■ビッグロックポイント 2007年終了
■パスファインダー 2007年終了
■ヤンキー・ロー 2007年終了
■コネティカットヤンキー 2007年終了
■キャロライナCVTR 2009年終了
■ランチョセコ-1 2009年終了

【ドイツ】

■ニーダアイヒバッハ(KKN) 1995年終了
■グロスベルツハイムHDR 1998年終了
■カール 2010年終了
 
出展:平成29年度版原子力白書

世界の廃止措置状況(2018年10月末現在)

世界の廃止措置状況