環境中の空間線量率の変動ってなに?

環境中の空間線量率は、常に変動を繰り返しており、降雨・降雪時には大気中に含まれる天然放射性物質が雨や雪とともに地表に降下するため、一時的に増加します。また、積雪時には、雪によって大地からの放射線が遮られるため、減少することがあります。 また、空間線量率の特徴として空気中のラドン娘核種(天然放射性物質)濃度の影響で、周期的(日毎)に変動する場合があります。

2020年07月12日 17時40分
線量率
nGy/h(ナノグレイ毎時)
風向 風速
m/秒
降水量
mm 
モニタリングポスト(A) - - - -
モニタリングポスト(B) -
モニタリングポスト(C) -
モニタリングポスト(D) -
2020年7月2日〜7月17日まで、データ表示システムの点検に伴い表示を停止しています。

 

運転状況一覧へ