ホーム > パイオニアとしての取り組み > 原子燃料サイクル > 発電所での管理 > 乾式キャスク貯蔵施設の安全機能について
パイオニアとしての取り組み
原子燃料サイクル

発電所での管理 - 乾式キャスク貯蔵施設の安全機能について

東海第二発電所で採用した乾式キャスクは、使用済燃料を安全に貯蔵しておくために、様々な安全機能を備えています。また、使用済燃料をプールで貯蔵する方法に比べ運転管理の容易性、技術の斬新性、経済性等に優れています。

海外でも数多くの実績を持ち、高い安全性が確認されているものです。

さらに、キャスクの周囲をコンクリート製の建物で取り囲み、放射線を遮へいしています。

 
乾式キャスク貯蔵施設の安全機能

除熱

キャスクは、表面から使用済燃料の熱を放散し、外部から取り入れた空気の自然対流により冷却されています。 この空気及びキャスク表面の温度を測定し、除熱機能が確保されていることを確認しています。

閉じ込め

キャスクの蓋を二重構造にすることで、放射性物質を確実に閉じ込めます。 また、一次蓋と二次蓋の間の圧力を常時監視し、閉じ込め機能が確保されていることを確認しています。

 

遮へい

キャスクは、胴部、一次蓋及び二次蓋により、使用済燃料から発生する放射線を遮へいします。 また、放射線モニタにより、遮へい機能が確保されていることを確認しています。

臨界防止

さらに、キャスクの周囲をコンクリート製の建物で取り囲み、放射線を遮へいしています。 中性子吸収材を加えた仕切版により、臨界(核分裂の連鎖反応が起きること)を防ぐ構造としています。