ホーム > パイオニアとしての取り組み > 敦賀発電所3,4号機増設計画
パイオニアとしての取り組み

敦賀発電所3,4号機増設計画

福井県敦賀市において、最新鋭のPWR(加圧水型軽水炉)である敦賀発電所3,4号機の増設計画を進めています。
この計画は、資源の乏しいわが国にとって、安定供給、環境保全および経済性のバランスにすぐれる原子力発電を、将来にわたって一定規模確保するために必要であり、安全の確保、原子力技術と人材を維持する上でも重要なプロジェクトです。
引き続き、国内外の最新技術や福島第一原子力発電所事故から得られる知見などを積極的に取り入れるとともに、国のエネルギー政策などを踏まえながら、増設計画の早 期具体化に向けて取り組んでいきます。

 
 
3,4号機増設予定地点
敦賀発電所3,4イメージ図

敦賀発電所3,4号機イメージ図

 

主なプラント仕様(敦賀発電所2号機との比較)

  3,4号機(改良型PWR) 2号機(PWR)
電気出力 153.8万kW×2基 116万kW
原子炉熱出力 446.6万kW×2基 342.3万kW
燃料集合体 257体×2基 193体