ホーム > 安全への取り組み > 人材の育成 > 機械状態監視診断技術者の訓練機関 > トライボロジー訓練コース
安全への取り組み
安全への取り組み

ISO18436-4準拠 機械状態監視診断技術者(トライボロジー)
(訓練コース名称:潤滑油診断技術者養成コース)

2008年10月に、機械状態監視診断技術者(トライボロジー)がISOとして制定されました。
これを受け当社は、振動訓練と同様に訓練機関として申請し、2009年6月に(社)日本機械学会より認定を受け、2009年10月より訓練を実施しています。

 

訓練機関の特徴

ISO訓練要求時間より長い講義時間

  ISO要求講義時間 当社講義時間
カテゴリーⅠ 24時間 44時間

粘度計等を用いた実習の実施

講義以外に粘度計等を用いて実習を実施します。

講義の2分割実施

多忙な受講生が業務の調整を行い易いよう、講義は2分割して実施します。

講義時間外での補講の実施

 

実習機材

振動と同様に理解を深めるため、パーティクルカウンタ(微粒子測定器)、粘度計を用いた実習を実施します。

パーティクルカウンタ

パーティクルカウンタ

粘度計

粘度計