ホーム > 安全への取り組み > 東海第二発電所の安全性向上対策の概要
安全への取り組み

原子炉などの冷却

●多様な手段により原子炉などの冷却を絶やさないようにします。

○万が一、既存の冷却機能が使用できなくなった場合に備え、新たに常設の冷却設備(高圧代替注水系ポンプや低圧代替
 注水系ポンプ、緊急用海水ポンプ等)や発電所構内の高台に可搬型の注水ポンプ車を配備します。
○また、新たに常設の貯水設備や海水地下トンネルを設置します。


原子炉などの冷却機能の多様化(イメージ)