ホーム > 安全への取り組み > 東海第二発電所の安全性向上対策の概要
安全への取り組み

その他の自然現象対策

●竜巻や火山、森林火災などの自然現象に備えます。

竜  巻 最大風速毎秒100mを想定し、資機材の固縛や防護ネットを設置し、飛来物への対策を実施します。

火  山 火山灰が発電所に積もる厚さとして50cmを想定し、対策を実施します。

森林火災 発電所周辺の森林火災対策への対応として、発電所との間に約23mの防火帯を設定します。

 

自然現象への対策例(イメージ)