14.プラントシミュレータコース

コース概要

原子力発電教育シミュレータを用いて、加圧水型軽水炉(PWR)と沸騰水型軽水炉(BWR)を比較しながらプラント起動操作や原子炉出力変更などの運転操作を模擬体験するとともに、原子力発電所の安全確保の仕組みを学びます。
*2日間のコースですが、1日単位の受講も可能です。

 

研修期間


【1回目】 研修期間
申込期限
1日目
2020年6月1日
応募終了
2日目
2020年6月2日


【2回目】 研修期間
申込期限
1日目
2020年12月14日
応募終了
2日目
2020年12月15日

定員

8名(最小実施人数:5名)  

受講料

54,000円(消費税別)/2日間  ※1日のみの受講:27,000円

カリキュラム

  1日目 PWR編 2日目 BWR編
内容
(1)PWRの主要系統・設備の概要
(2)原子力発電教育シミュレータによる
   PWRの原子炉臨界操作、原子炉出力
   制御、原子炉緊急停止等の実習
(3)BWRの主要系統・設備の概要
(4)原子力発電教育シミュレータによる
   BWRの原子炉臨界操作、原子炉出力
   制御、原子炉緊急停止等の実習

研修の特色

(1)原子力発電教育シミュレータの操作体験を通してPWR、BWRの運転方法、特徴、
           相違点を比較します。
(2)原子力発電教育シミュレータの実習により原子力発電所の安全確保の仕組みを体感する
           ことができます。


原子力発電教育シミュレータ実習 原子力発電教育シミュレータ実習
原子力発電教育シミュレータ実習

※解析ソフトを使用し、原子力プラントの挙動を模擬することができる
 「原子力発電教育シミュレータ」
 

Go Top