ホーム > 新型コロナウイルスへの取り組みについて

新型コロナウイルスへの取り組みについて

発電所における新型コロナウイルス感染予防・拡大防止対策について

新型コロナウイルス感染症への感染予防・拡大防止対策に関して、このたびの政府の緊急事態宣言対象地域の拡大などを踏まえ、非常時体制のもと対策を強化して取り組んでいます。
具体的には、あらかじめ定めた事業継続計画に基づき、発電所の安全確保、安全性の向上に必要な業務を除き、可能な限り業務を縮小するなどの対策に加え、在宅勤務の活用、勤務中におけるマスクの常時着用や消毒の実施などを徹底しているところです。
また、発電所の安全確保、安全性の向上に係る委託先、請負先に対しても、当社の取り組みを踏まえて、職場での感染予防・拡大防止対策を十分講じるよう要請し、当社はもとより協力会社を含め、発電所で働くすべての方々の健康確保にも留意しています。
今後も引き続き、新型コロナウイルス感染症に係る状況を注視しつつ感染予防・拡大防止に努めるとともに、地域のみなさまに安心し、信頼していただけるよう、積極的な情報公開に努めてまいります。

1.日常対策について
  毎朝の検温、うがい、手洗い、アルコール消毒の徹底や管理区域も含めたマスクの常時着用
  「3密」(密閉・密集・密接)回避の徹底
  人混みへの外出自粛(居酒屋、遊興施設などの利用禁止)や不要不急の外出の自粛及び休日・祝祭日等における行動の記録

2.発電所での対応について
  日々の体調確認の徹底
  不急の会議の原則中止または延期に加え、やむを得ない会議における3密回避の徹底
  通勤車両(バス)における離隔の確保や換気の徹底
  不急の国内出張自粛及び海外出張、海外渡航の禁止
  やむを得ない理由で県外への往来をした場合は、2週間の待機または防護対策等により安全が確保されていることの確認
  一般見学等の一時立ち入り規制や関係者以外の入構禁止
  執務室等における定期的な特別清掃(消毒など)の実施
  保安に関する要員を確保した上で、交代勤務の導入などによる従業員の出勤制限や交代者間での接触の回避
  作業、工事現場及び作業員詰所における、作業員区分の厳格化による接触の回避

3.感染に係る措置について
  社員は、症状がある場合、感染者との接触歴がある場合、家族に感染が疑われる場合、自身が濃厚接触者と認められた場合、帰国者・接触者相談センターに相談して、その旨を直ちに会社に報告
  会社は、当該社員の検査結果が出るまでは自宅待機を指示。社員は、検査結果が判明したら直ちに会社に報告。会社は、速やかに公表
  会社は、保健所の指示に基づき、濃厚接触者を特定して、濃厚接触者を出勤停止

4.協力会社(工事JVも含む)への要請について
  当社と同様の対応を要請

 

本店での対応について

弊社本店につきましては、新型コロナウイルスへの感染拡大防止対策として、3月26日(木)から当面の間、業務の一部を縮小いたします。ご迷惑をおかけしますが、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 
 

原子力館の休館について

東海テラパークおよび敦賀原子力館は、新型コロナウイルスへの感染拡大防止対策として、現在休館させていただいております。ご迷惑をおかけしますが、ご理解を賜りますようお願いいたします。
その他イベント情報などの詳細については、以下のバナーからご参照ください。

東海テラパーク
  東海テラパーク 茨城地区

敦賀原子力館・げんでんふれあいギャラリー
  敦賀原子力館 福井地区