ホーム > 発電所情報 > 敦賀発電所1号機
発電所情報

敦賀発電所1号機

運転状況

詳細はこちら
 
 
敦賀発電所1号機

運転開始時からの運転実績

総発電電力量 : 約847.3億kWh
発電日数 : 10,365日
設備利用率 : 約60.1%

(2015年4月27日)

敦賀発電所1号機は、日本で初めての商業用軽水炉として1966年4月に建設工事を開始し、1967年2月に着工(第1回工事計画認可)しました。 48ヶ月間という最短工事で完成し、1970年3月に営業運転を開始しました。以来、福井県および敦賀市のご理解をいただきながら約45年間の運転を行ってまいりましたが、2015年4月27日をもって運転停止となりました。

発電所概要

電気出力 35万7,000kW
原子炉型式 沸とう水型軽水炉(BWR)
燃料 低濃縮ウラン(約52トン)
営業運転開始 1970年3月14日
送電先 中部電力(株)、北陸電力(株)、
関西電力(株)
 

施設紹介

中央制御室

中央制御室

発電所の「頭脳」として24時間休むことなく全設備を運転監視しています。

原子炉建屋最上階

原子炉建屋最上階

真下に原子炉(圧力容器)があり、定期検査時の点検や燃料交換は、ここの床にあるコンクリート製のフタをはずして行います。

 
タービン発電機

タービン発電機

原子炉圧力容器から送られてくる蒸気によって定格出力35万7,000kWのタービンを回し、これに直結する容量42万kVAの発電機によって電気を発生させます。

 
敦賀発電所1号機のしくみ

敦賀発電所1号機のしくみ

沸とう水型軽水炉(BWR)は、燃料に低濃縮ウランを使い、中性子の速度を減速させる減速材と発生した熱を取り出すための冷却材に軽水(普通の水)を使っています。 核分裂で発生した熱で原子炉内の水を沸とうさせ、その蒸気で直接タービン発電機を回して電気を発生させます。蒸気は復水器を通り海水で冷やされ水に戻り、再び原子炉内に送られます。

 

地域とのふれあい

敦賀原子力館

敦賀原子力館美しい自然に囲まれた敦賀半島の先端に敦賀原子力館はあります。
敦賀発電所のしくみや発電所周辺の自然環境などについて模型やVTRを使ってわかりやすくご紹介しております。

敦賀原子力館詳細へ
 

その他・関連情報