ホーム > 安全への取り組み > 保全に関する情報
安全への取り組み

保全に関する情報

定期検査、定期事業者検査、保安検査

原子力発電所では、定期的に運転停止をして設備や機器の点検を行っています。
法令に基づき国が行う定期検査と、事業者が自ら行う定期事業者検査があり、設備や機器が法令に基づく技術基準に適合していることを確認しています。
また、国に認可を受けた保安規定の遵守状況は、四半期ごとに実施される国の保安検査において確認されます。

 
保全に関する情報一覧