ホーム > 安全への取り組み > 運転・監視
安全への取り組み
安全への取り組み

運転・監視

24時間体制の運転・監視

中央制御室

中央制御室では、訓練を積んだ運転員が、原子炉、タービン発電機などの運転と機器の監視を24時間体制で行っています。

中央制御室の運転・監視

中央制御室の運転・監視

 

日常の点検パトロール

安全運転を継続するために、日常の入念な点検やパトロールにより機器の健全性の確認を行っています。

タービン発電機の目視点検

タービン発電機の目視点検

 

安全確保のしくみ

何段階もの安全対策が講じられた多重防護設計(止める、冷やす、閉じ込める)

原子力発電所の安全確保のため「深層防護」の考え方を用いて対策を多重に講じています。
具体的には事故の進展を5段階に分け、事故をその層だけで食い止めて収束できるように対策を講じる考え方です。
この考え方により、原子力発電所で行う安全対策は、多重で厚みのあるものとなります。