ホーム > パイオニアとしての取り組み > 海外における事業の推進
パイオニアとしての取り組み

海外における事業の推進

                           日立製作所・ホライズン社との協力協定の調印式

英国の新規原子力発電所建設の許認可段階における協力をしていきます。

 

原子力発電所の導入を目指す国々に協力しています。

当社では、これまで、ベトナムをはじめ、カザフスタン、トルコ、タイなどの原子力発電の導入を目指す国々に対して、原子力発電導入の可能性に係る調査の実施、技術支援、人材育成など様々な形で協力しています。

ベトナムでの原子力発電導入への貢献

当社は、これまで、原子力発電所の建設を計画しているベトナムに対し、原子力発電導入に係る技術支援や人材育成協力を行ってきました。
2010年10月、日越首脳会談において、日本がベトナムの原子力発電導入に関するパートナーになることについて合意がなされ、2011年9月28日、当社はベトナム電力公社との間でベトナム・ニントゥアン省第2サイトにおける原子力発電導入可能性調査(FS※)を契約しました。
このFSでは、現地において気象、海象、地形、地質などの調査を行うとともに、その結果を基にした「適地性評価」や、原子力発電所の基本設計、炉型評価、経済・財務分析などによる「プロジェクトの成立性評価」などを実施し、ベトナムにおける原子力発電所の導入に貢献しています。
また、当社は長年ベトナムに対する人材育成に協力しており、これまでに200名以上の研修生を受け入れています。
(2016年3月現在)

※FS:Feasibility Study

ベトナム電力公社職員研修の受け入れ

ベトナム電力公社職員研修の受け入れ

日本初の海外原子力発電所建設に向けたFS契約締結

日本初の海外原子力発電所建設に向けたFS契約締結

 

カザフスタン、タイへの技術協力

 

欧米諸国の電気事業者などとの情報交換

 

原子力発電の導入を予定している途上国での人材育成

原子力発電を計画あるいは今後導入を検討しているアジア諸国を中心とする途上国等に対して、専門家や研修生の受け入れなどの国際研修を行っています。

JICA研修生のレセプション

東海総合研修センターでの
シミュレータ実習を受けるJICA研修生

JICA研修生 受入実績国