ホーム > 会社案内 > ご挨拶
会社案内

ご挨拶

取締役社長 村松 衛

取締役社長 村松 衛

当社は、1957年の設立以降、わが国初の商業用原子力発電所である東海発電所をはじめとして、東海第二発電所および敦賀発電所1号機、2号機の建設・運転を通じて、原子力発電のパイオニアとして常に原子力発電の発展に貢献してまいりました。

昨今の原子力事業を取り巻く環境を見ますと、原子力施設において新規制基準に基づく安全審査への対応と安全対策の強化が進められ、いくつかのプラントで運転再開を果たしております。同時に、当社の敦賀発電所1号機を含め、廃止措置に移行するプラントも増えてきております。また、海外に目を転じますと、中国やインドなどの国々に加え、イギリスやアメリカなどの先進国においても原子力開発が進展、再開しています。

原子力は国内外ともに「新たな時代」を迎えていると考えております。

当社は、これまでの事業活動の経験で培ってきた人と技術にさらに磨きをかけ、これらを最大限に活用し、既設発電所を的確に運営するとともに、敦賀発電所3,4号機増設計画の推進や福島第一原子力発電所への支援、廃止措置や英国ホライズン・プロジェクトへの着実な取り組みを通じて、原子力新時代におけるパイオニアを目指してまいります。

資源の少ないわが国において、原子力発電は「重要なベースロード電源」であり、今後も原子力発電がエネルギーの安定供給に引き続き大きな役割を担うものと考えております。

今後とも、皆さまのご理解、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。