ホーム > 会社案内 > 原電について > 地元を重視した事業運営
会社案内

地域に根ざした事業運営

情報公開の徹底や、地域の方々との対話活動を積極的に行っています。

 
 

情報公開

当社は、事業内容や発電所に関する情報を積極的にプレス公開しています。また、ビデオ、パンフレットや地域広報誌など、さまざまなツールを活用し、当社の最新情報をお知らせしています。
ホームページでは、プレス発表や定期検査状況などを公開しており、特に発電所の運転情報、周辺環境の放射線測定情報などについては、リアルタイムでお知らせしています。さらに、発電所の状況や安全対策について地域の皆さまを対象とした説明会を地域毎に開催するほか、チラシ、広報誌などの新聞折り込みや新聞広告を通じ広くお知らせしています。

東海第二発電所状況説明会

 

通報連絡三原則の徹底

当社の事業活動は社会からの信頼が必要不可欠であることを認識し、このことを社員一人ひとりが強く自覚して社会の一員として責任ある行動をとらなければなりません。

当社は、地域に根ざした事業活動を継続するため「通報連絡三原則」を徹底しています。

 通報連絡三原則

  1. 徴候を確認した時点で通報連絡
  2. 要否の判断に迷ったときは必ず連絡
  3. 情報収集に時間を要する場合、まず一報
 

広報広聴活動

コミュニケーション活動

当社の事業や発電所の運転状況についてご説明するため、定期的に事業報告会や訪問対話活動を行っています。また、原子力の疑問などにお答えする少人数説明会(ふれあいトーク)や地域イベントでの交流を通じ、地域の皆さまとの双方向コミュニケーション活動を大切にしています。

地域イベントでの当社が出展したブース(福井)

地域イベントでの当社が出展したブース(福井)

少人数説明会「ふれあいトーク」(敦賀)

少人数説明会「ふれあいトーク」(敦賀)

 

広聴活動

当社や原子力についての理解を深めていただくとともに、当社に関するご意見やご要望をお聞きし、発電所運営等に反映するため、広聴活動として地域の方々(広報モニター、アドバイザー)との意見交換会や見学会などを定期的に開催しています。

広報モニターとの意見交換(東海)

広報モニターとの意見交換(東海)

地元有識者懇談会の敦賀発電所3,4号機建設準備工事視察(敦賀)

地元有識者懇談会の敦賀発電所3,4号機
建設準備工事視察(敦賀)

このページの先頭へ