ホーム > サポート・お問い合わせ > 教えて!原子力 > 原子力発電の必要性
教えて!原子力

原子力発電の必要性


新エネルギーの現状


新エネルギーとは、自然のプロセス由来で絶えず補給される太陽、風力、バイオマス、地熱、水力等から生成される「再生可能エネルギー」のうち、技術的には導入段階にあるものの、コストが高いため、その普及に支援を必要とするものを指します。

新エネルギーの評価と課題(太陽光・風力)


新エネルギーは、枯渇の恐れがなく環境にやさしい等のメリットがありますが、既存のエネルギー源に比べるとエネルギー密度が低く、安定性に欠ける等のデメリットがあります。太陽光発電や風力発電もエネルギー密度が低く、大量に発電するには広い土地が必要となるため、大電力の供給には不向きです。しかし、特定地域での利用(小規模分散型利用)は可能です。

新エネルギーの評価と課題(太陽光・風力)

出典:「原子力・エネルギー図面集」2016

 電事連デジタル広報資料集
 新エネルギーの評価と課題
 
 
 

太陽光発電・風力発電の出力変動


太陽光発電は時間と天気により、また風力発電は風の強さにより発電電力量が変動するため、バックアップ電源が必要です。

太陽光発電・風力発電の出力変動

出典:「原子力・エネルギー図面集」2016