ホーム > サポート・お問い合わせ > 教えて!原子力 > 放射線とその影響
教えて!原子力

放射線とその影響


放射線とは

「放射線」とは、「放射性物質」から出てくる光や電波などと同じ仲間の電磁波や粒子のことです。放射線を出す能力のことを「放射能」といいます。

放射線と放射性物質

出典:「原子力・エネルギー図面集」2016

 電事連デジタル広報資料集
 放射線と放射能
 

放射線と放射性物質

放射線の種類と特長

放射線にはいくつかの種類があり、物を突き抜ける力(透過力)などそれぞれ特長がことなります。

種類 正体 遮ることのできるもの 身近な利用例
α(アルファ)線

放射線の中で一番重い粒
(ヘリウムの原子核)

透過力が弱く、
紙や空気数cmなどで遮れる

アイソトープ電池

β(ベータ)線 非常に小さく軽い粒(電子)

本1冊や空気1~2m、
アルミニウムなどの薄い金属板で遮れる

品種改良
化学製品改良

γ(ガンマ)線 電波のような波
(電磁波、光子)
鉛、厚い鉄板や
コンクリートで遮れる
食品照射
非破壊検査
X(エックス)線 放射線診断
食品照射
n(中性子)線 小さくて軽い粒(中性子) 透過力が非常に強いが
水などの軽い元素で遮れる
ガン治療
非破壊検査
 電事連デジタル広報資料集
 放射線の性質
 

放射線の種類と透過力

放射線の種類と透過力

出典:「原子力・エネルギー図面集」2016

 電事連デジタル広報資料集
 放射線の種類と透過力
 
 

放射線の単位と使用目的

放射線の単位には、放射線を出す側に注目した「ベクレル」や放射線を受ける側に注目した「シーベルト」などがあり、目的に合わせて使い分けられています。

シーベルト(Sv)

人体への影響の程度を表す単位

放射線にはいろいろな種類があり、同じ量の放射線を受けても種類によって影響が異なるが、この単位を使えば、どの放射線を受けたのかを考えなくても人体への影響を判断できる。

ベクレル(Bq)

放射能の強さを表す単位

放射性物質が放射線を出す能力を表す。1秒間に1個の原子核が崩壊すると1ベクレル。

グレイ(Gy)

物質が放射線のエネルギーをどれ位吸収したかを表す単位

物質1kgあたり1ジュールのエネルギーを吸収すると1グレイ。

放射線の単位と使用目的

出典:「原子力・エネルギー」図面集2015