パイオニアとしての取り組み

Approach
ホーム >  パイオニアとしての取り組み >  研究開発・環境保全 >  敦賀発電所技術交流会ご案内・福井公募研究

福井公募研究について

 

当社では、発電所を安全かつ効率的に運転していくために、日頃から発電所の運用にあたり様々な工夫・改良を行っています。この活動をより一層高めていくため、地元福井県内の企業及び大学・研究機関等(以下「地元企業等」という。)の優れた技術や発想等を活用させていただくとともに、この公募研究を通じて、地元企業等の技術力の向上、研究活動の活性化等につなげていきたいと考えております。


相談窓口のご案内

当社では、企業等の皆さまからの技術シーズの紹介やご相談をもとに、研究提案につなげられるよう通年で相談窓口を設置しております。
社内関係部門と連携して、ご相談内容と当社ニーズがマッチングできるかなど、具体的に情報交換をさせていただきたいと考えております。
どんなことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。

 

相談窓口

福井県内の企業等の皆さまの相談窓口 敦賀事業本部 立地・地域共生部
地域共生グループ 堂野、吉川
TEL: 0776-25-3233
メールアドレス
fukui-koubo@japc.co.jp
 

1.2021年度の福井公募研究について(研究実施時期:2022年度)

(1)公募テーマ

①発電所の運用改善に関する研究
・発電所の安全対策等に関する研究
・発電所設備・機器、運転保守の信頼性・効率性向上につながる研究
・発電所運用改善に関する新たな製品化、改良品開発につながる研究
 (カーボンニュートラル/水素社会への貢献に係る研究を含む)
・発電所での廃棄物の低減、リサイクルにつながる研究
・発電所と地域とのコミュニケーション向上につながる研究

②発電所の廃止措置に関する研究提案
・発電所廃止措置に有効な技術開発に関する研究(敦賀発電所1号機廃止措置に伴うもの)
・発電所廃止措置の運用改善に関する新たな製品化、改良品開発につながる研究
・発電所廃止措置における廃棄物の低減、リサイクルにつながる研究

③原子力災害対応に関連した研究提案
・災害時の作業員の作業効率の向上及び身体的負担の軽減につながる研究
・災害対応に向けた資機材の新たな製品化、改良品開発につながる研究
・災害時の作業員の被ばく低減に資する環境改善につながる研究

(2)応募手続き

公募研究の実施要領及びご応募手続きにつきましては、当HPからダウンロード可能な「福井公募研究提案の募集要領」をご確認いただきますようお願いいたします。

➣2022年度実施分 公募研究説明会 :
福井商工会議所開催分 10月4日(月) 10時00分~12時00分(終了しました)
敦賀商工会議所開催分 10月4日(月) 14時00分~16時30分(終了しました)

➣2022年度実施分 応募期間:2021年10月4日(月)~2022年1月7日(金)消印有効

 

2.これまでの実績

応募にあたり、具体的なイメージを持っていただくため、これまでの実績等を紹介しています。

 

3.公募研究申込関連資料

「募集要領」及び「研究提案書様式」は以下のリンクからダウンロードできます。

 2021年度募集要領(PDF)

 研究提案書様式(MS-WORD形式)


Go Top