パイオニアとしての取り組み
原子燃料サイクル

使用済燃料の管理

原子炉で発電に使用した後の使用済燃料は、再処理するために再処理工場に搬出します。使用済燃料は、搬出するまでの間は、原子力発電所の敷地内で安全に管理され貯蔵されています。

また、使用済燃料の増加に柔軟に対応するため、中間貯蔵施設(リサイクル燃料貯蔵センター)に搬出して安全に貯蔵した後、再処理工場へ搬出する場合もあります。

 
ウラン燃料

ウラン燃料は数年で使い終えますが、その使用済燃料の中には、まだ使えるウランと新たに生まれたプルトニウムがありこれらはリサイクルできる資源です。