パイオニアとしての取り組み
原子燃料サイクル

発電所での管理

原子炉で発電に使用した後の使用済燃料は、再処理工場や中間貯蔵施設に搬出するまでの間は発電所内で
安全に管理します。

当社では、東海第二発電所(1991年~1994年)及び敦賀発電所2号機(1998年~2000年)に燃料貯蔵プール内の使用済燃料貯蔵容量の増強を行い、発電所での貯蔵容量を増やしました。

 

燃料貯蔵プール使用済燃料貯蔵容量の増強実績

  増強前 増強後
東海第二発電所 1740体 2250体
敦賀発電所2号機 1号機用燃料 210体 637体
2号機用燃料 987体 1734体

このうち東海第二発電所は、他の発電所に比べ燃料プールの容量が小さいため、発電所建屋外に新規に貯蔵施設を設置する必要があったことから、2001年に『乾式キャスク貯蔵施設』を発電所敷地内に建設しました。これにより、貯蔵容量は2250体から3714体まで貯蔵できるよう増強されました。


乾式キャスク貯蔵施設の外観

乾式キャスク貯蔵施設の外観