発電所情報

Power plant
ホーム >  発電所情報 >  敦賀発電所2号機の新規制基準への対応について >  敦賀発電所2号機の新規制基準への対応

審査状況

現在の審査状況

2015年11月の申請以降、計15回の審査会合が開かれています。
現在、敷地内破砕帯評価と地震動評価について、並行して審査が進められています。

  • 2017年12月~
  • 2015年11月~2017年11月
 
印刷する場合はPDFファイルをこちらからダウンロード願います。
審査状況は「げんでんつるが特別号」でもお知らせしています。こちらからご覧ください。

審査会合実績

第15回目 審査会合:敦賀発電所2号機の敷地の地形、地質・地質構造について

2020年2月7日の審査会合(第12回)でのご指摘について、当社は同年2月14日(第13回)および6月4日(第14回)の審査会合で、記載事項を変更したことの状況、経緯及び理由などの説明を行いました。
その際のご指摘について、確認、検討結果をとりまとめ、同年10月30日の審査会合(第15回)において説明し、引き続き審査いただけることになりました。また、今回の記載事項変更に至った原因分析の妥当性については、審査とは別に、品質保証に係る検査の中で今後確認されることになりました。
審査会合でいただいたご指摘を踏まえ、引き続きしっかりと審査に対応するとともに、品質保証に関わる検査についても真摯に誠実に対応してまいります。

詳しくは⇒ こちら

原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査 主要な審査項目の実施状況(2020年10月30日現在)

主要な審査項目
審査状況







1. 地盤・地震
敷地周辺及び近傍の地質・地質構造
未実施
実施中
地下構造評価
未実施
実施中
震源を特定せず策定する地震動
未実施
基準地震動Ssの策定
未実施
基準地震動Ssの年超過確率の参照
未実施
基礎地盤及び周辺斜面の安定性評価
未実施
耐震設計方針
未実施
2. 津波
津波評価
未実施
基準津波の年超過確率の参照
未実施
耐津波設計方針
未実施
3. その他外部事象
竜巻(影響評価・対策)
未実施
火山影響の評価
未実施
火山の対策
未実施
外部火災
未実施
4. 内部火災
未実施
5. 内部溢水
未実施
6. 外部電源
未実施
7. その他
安全施設(区分分離、静的機器)
未実施
原子炉冷却材バウンダリ
未実施
誤操作防止、安全避難通路、不法侵入防止
未実施
全交流電源喪失、安全保護回路
未実施
通信設備、モニタリング設備 等
未実施








8.重大事故対策
確率論的リスク評価(PRA)
未実施
炉心損傷防止(有効性評価含む)
未実施
格納容器破損防止(有効性評価、フィルタベント含む)
未実施
使用済燃料プール、運転停止中の原子炉における燃料損傷防止(有効性評価含む)
未実施
解析コード
未実施
9. 事故対応の基盤整備
制御室
未実施
緊急時対策所
未実施
技術的能力
未実施
大規模損壊
未実施
・主要な審査項目については、審査状況により変更することがあります。
・審査会合が開かれた項目を「実施中」としています。
 (「未実施」の中にはヒアリングが行われている項目もあります。)
・保安規定変更認可申請書に係る審査会合については、別途掲載します。

Go Top